奈良・大阪の雨漏り修理・屋根工事なら森建築板金工業へ

完工事例集

工事別 |  地域別 | 兵庫県

東灘区 K様邸 屋根補修工事

工事主任:RK現場

  • 建築中のレポート

  • 建築中のレポート

1.2015年02月16日
屋根補修工事
既存の状態を確認します
2.2015年02月16日
屋根補修工事
既存の状態を確認します
3.2015年02月16日
屋根補修工事
既存の状態を確認します
4.2015年02月16日
屋根補修工事
棟を解体していきます
5.2015年02月16日
屋根補修工事
棟を解体していきます
6.2015年02月16日
屋根補修工事
谷周りを解体していきます
7.2015年02月16日
屋根補修工事
谷周りを解体していきます
8.2015年02月16日
屋根補修工事
谷周りをどんどん解体していきます
9.2015年02月16日
屋根補修工事
谷に空いていた穴です
10.2015年02月17日
屋根補修工事
既存の谷周りを解体していきます
11.2015年02月17日
屋根補修工事
タイベックルーフエア(下葺材)を取り付けていきます
12.2015年02月17日
屋根補修工事
タイベックルーフエア(下葺材)を取り付けていきます
13.2015年02月17日
屋根補修工事
ステン製の新たな谷板を作り付けていきます
谷板に直接ビスを打たず、板金を加工した部材で谷板を固定します。直接ビスを打ちつけると、谷板に穴があき、雨漏りの原因箇所になる可能性が生まれるからです
14.2015年02月17日
屋根補修工事
2本の谷が合わさる頂点の部分の加工です
抱き合わせ部分にコーキングをたっぷり入れます
15.2015年02月17日
屋根補修工事
ハゼ部分をしっかりつかみ込み、2枚の谷板が外れたりしないよう加工します
16.2015年02月17日
屋根補修工事
谷の両脇にケミカル面戸を取り付けていきます
谷を流れる雨水が溢れ、谷以外を流れないようにする為の部材です
17.2015年02月17日
屋根補修工事
谷の両脇にケミカル面戸を取付けました
18.2015年02月17日
屋根補修工事
谷板の外側には南蛮漆喰を詰め、ダムの役割を作ります
このように激しい吹き降りの際にも対応できるよう 二段階で雨水を谷以外へ流れ出る事を防ぎます
19.2015年02月17日
屋根補修工事
屋根の土台にワイヤー付ビスを打ち込みます
20.2015年02月17日
屋根補修工事
予め取り付けたワイヤーを瓦に通し、谷周りを復旧していきます
21.2015年02月17日
屋根補修工事
瓦桟にビスを打ちつけ、瓦にワイヤーを通し固定していきます
22.2015年02月17日
屋根補修工事
谷周りをどんどん復旧していきます
23.2015年02月17日
屋根補修工事
谷周りをどんどん復旧していきます
24.2015年02月18日
屋根補修工事
棟を復旧していきます
棟の根元に漆喰を詰め、熨斗瓦を並べていきます
25.2015年02月18日
屋根補修工事
一段目の熨斗瓦を並べ終え、二段目の熨斗瓦を並べていきます
熨斗瓦の間には南蛮漆喰を詰めていきます
また、熨斗瓦の継手部分にはコーキングを入れていきます
26.2015年02月18日
屋根補修工事
二段目の熨斗瓦 施工状態です
黒いのは南蛮漆喰、グレーはコーキングです
27.2015年02月18日
屋根補修工事
三段目の熨斗瓦も同様に施工していきます
28.2015年02月18日
屋根補修工事
紐丸瓦を復旧していきます
29.2015年02月18日
屋根補修工事
紐丸瓦を予め仕込んでおいたワイヤーで固定し、棟復旧工事は完了です
30.2015年02月18日
屋根補修工事
こちらの漆喰が剥がれ、土台の土があらわになってきていました
31.2015年02月18日
屋根補修工事
漆喰を塗り直していきます
32.2015年02月18日
屋根補修工事
漆喰を塗り直しました
33.2015年02月18日
屋根補修工事
瓦屋根は一度 手を入れる事でズレ等が起こりやすくなる為、継手部分の一部にコーキングを入れます
この工程をラバーロックを呼びます
34.2015年02月18日
屋根補修工事
ラバーロックしました
35.2015年02月18日
屋根補修工事
鬼首などに漆喰を巻き直し、仕上げます
36.2015年02月18日
仕上げ
完工です
37.2015年02月18日
仕上げ
完工です
38.2015年02月18日
仕上げ
完工です