奈良・大阪 屋根リフォーム 雨漏り 森建築板金工業

森板金の事務ティーズ日記

☆経験しないとわからない事☆

こんにちは♬ 事務所の森です。

雨続きの1週間になりそうですね。 ジメジメと湿気も多いですね。
長女が3年生になって小学校の眼科検診をうけて、視力の低下を指摘され
初めて眼科に行ったのが3か月前くらいになるのですが、
その時、視力が「0.2」という診断にとってもビックリしました。
「見えてなかったの!?」と娘に聞くと、「見えてるよ」と言う返答。
より精密に検査を受けるために子どもの専門のところで、
再度診断しましたが結果は同じ「0.2」でした。

最初、長女はメガネを嫌がりましたが可愛いフレームを見つけメガネを購入することになりました。
出来上がったメガネをかけて、娘自身もビックリしたようで看板やポスターを指さし、
「めっちゃ見える。あれも見える、これも読める」と。
私自身も娘自身も、見えていない感覚がわからず、メガネをかけるという経験をしないとわからない事がありました。
娘は見えることに感動し、最初は嫌がったメガネですが、今は寝る寸前までメガネをかけています。
私も、年々視力が落ちてきてるのですが、娘ほどの視力ではないので、娘の気持ちもわかりませんでしたが、親の勝手な判断で決めつけてしまうのはよくないなぁと反省しました。

そして、納得いくまで診断をうけて良かったと思いました。
内緒ですが、最初に行った眼科の先生はとっても冷たく、お話が理解できなかったのですが、2軒目の先生は親身に今後の話や、 子どもの目線でお話をしてくださり、とっても勉強になりました。
私自身もお客様とお話しをするさいに、気を付けなくてはいけないなぁと教えてもらいました。
これからも、たくさんの経験をして、少しでも安心をして頂けるように務めたいと思います。

弊社は雨漏りのプロとして事務員であっても社員全員でお客様の目線でお話ができるように務めてまいります。


雨漏り、屋根のこと、お家のことでお悩みの時はすぐにお電話くださいね!!
事務てぃーずがお待ちしております!


いつも笑顔で元気よく
(有)森建築板金工業
  森  史巳世

記事一覧|森板金の事務ティーズ日記