奈良・大阪 屋根リフォーム 雨漏り 森建築板金工業

奈良 大阪 神戸の 4代目 雨漏り診断士 日記

この間の雨で天窓から雨漏りがしてきたの、、、、。

  
こんにちは。森です。
今週もよろしくお願いいたします。
私事ではありますが先月の19日は11回目の結婚記念日でした。
11回目というのは鋼鉄婚というようで、意味合いは
:鋼のように強く固い絆で結ばれるように
ということだそうです。
おすすめプレゼントを見たところ、鍋やゴルフクラブなどの金属製品が良いそうです。
でも私は今回ブレスレットを送りました。
それには深い訳があり、私が切ってしまったのです、、、。
その代わりと言ってはなんですが、新しいものをプレゼントしました、、、。
でもプレゼントする。と言う側はいいですね。選んでいても楽しくなります。
仕事に関しても良いものをご提供させていただくことが私たちの喜びですので、
お喜びいただけるようにしっかり励ませていただきます。
さて、先日お伺いさせていただいたおうちは天窓からの雨漏りでした。

天窓の雨漏り。というのも結構多く、20年前くらいのおうちはの天窓は雨漏りを
起こしやすいのです。
なぜ20年前ほどは雨漏りがしやすいかといいますと、
商品自体がしっかり設計されておらず雨漏りしてしまう。
というようなことが多くありました。
最近のものはかなりレベルが上がってきましてとても良くなってきましたが、
それに伴い、「職人さんの技量」と言うのはどうしても必要になってきます。
天窓の処理というのは些細な勾配や細工の加減で雨漏りも発生してしまいます。
これは、文章でご説明するのはちょっと難しいのですが、「切り口」「折り曲げ具合」
によっても先々で変わってきてしまいます。

職人さんの技量というのは、中々分かることができませんが、
餅屋は餅屋。ということで、天窓の雨漏りなどの技量が必要な工事は特に、
会社自体の施工経験数によっても大きく変わってきます。
そして、どのくらいの期間保証をしてくれるのか?
によっても業者さん選びをお考えになられたほうが良いかと思います。
保証は口頭ではなく、必ず書面で残してもらうようにしてください!
天窓の工事の施工事例はこちらです。http://www.moribankin.com/case/co_kanko_voice/article/JHR20141111170755-.html
ご参考にしてください!

記事一覧|奈良 大阪 神戸の 4代目 雨漏り診断士 日記