奈良・大阪 屋根リフォーム 雨漏り 森建築板金工業

施工材料について

ソーラー発電システム  Brookソーラー

屋根が、我が家の発電所。暮らしに嬉しい、クリーンな電気です。

余った電力は、電力会社が買い取ってくれます。

電力会社との系統連係システム

電力会社との(系統連係)により、昼間の余った電力は、自動的に電力会社に送られ、夜間や雨の日などは電力会社から電力の供給を受ける事が出来ます。

昼間は割高で売り、夜間は格安で利用

時間帯別電灯契約

昼間の時間帯は、太陽光発電でまかなえ、余った電力は割高な料金で売る事ができ、夜間は割安な電力を利用できます。夜間の割安な電力で1日分のお湯を作る電気温水器を設置すれば、さらに経済効果が高くなります。

ソーラー発電 そこが知りたいQ&A

 太陽電池は何年くらい長持ちするの?

 20年以上の屋根使用に耐えるように設計されています。1966年に日本で初めて設置されたソーラー発電モジュール が、現在も国内の灯台で稼働しています。

Q メンテナンスの手間はかかるの?

 ソーラー発電モジュール自体のメンテナンスはほとんど必要ありませんし、部分品交換も簡単に対応できます。多少の電機部品は10~15年で交換が必要な場合がありますが、高額な物ではありません。

Q 切り替え操作とか、スイッチ操作が必要なの?

 普通の電気と同様にお使いいただけます。 電力会社との買電/売電は自動で行います。

Q 売った電力料金の受け取り方は?

A 売電の入金は銀行振り込みです。買電と売電は相殺されず個別に扱われるので、節約した電気料金が明確に分かります。

 設置できるのは南向きの屋根だけ?

A 南面の屋根に設置するのがベストですが、東西の面であれば南面の85%の発電量を確保できます。

Q リフォームにはどうなの?

20年以上使い続けるソーラー発電システムは、屋根全体の耐久性が重要なポイント。

20年間に必要な費用を考えれば、Brookソーラーのリフォームが断然おトクです。

 *屋根材のメンテナンスは使用環境で変わります。10年程度での点検をお勧めします。

 

 

かわら一体型の美しさ

さりげなく端正な外観で、住まう人の品格を語る。

スッキリ美しい収まりで、端正な外観を作る

 ソーラー発電部そのものが屋根材となるのがかわら一体型。

 天然石調の高性能屋根材「イオルーフⅡ」とサイズを合わせる事で、屋根がフラットに一体化。周囲のイオルーフⅡと同じピッチで連続性のある水平ラインを描きスッキリと端正な印象の外観を演出します。

 

 

 

美しさは、設置効率の高さ。小面積でも、パワフル発電

 ハーフサイズのソーラーモジュールと組み合わせて、小面積の屋根でもきっちり敷き詰められ、斜めラインも美しく収まります。ソーラー発電部は多結晶シリコンで、1枚当たり最大48Wの高出力。わずか28㎡の面積で標準的な3KWシステムを実現します。

 

 

 

 

 

 

かわら一体型で軽い

 災害から暮らしを守る屋根。台風、地震に強さを発揮。

 かわら一体型だから、軽い。住まいの耐震性を高めます。

 屋根置き型は既設の屋根+ソーラーとなり重量増加は避けられません。かわら一体型なら重量も軽く、住まいの耐震性を高めます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

記事一覧|施工材料について