奈良・大阪・兵庫・京都 屋根リフォーム 雨漏り 森建築板金工業

奈良 大阪 神戸の 4代目 雨漏り診断士 日記

壁からの雨漏り

こんにちは。森です。

先日は節分で豆まきをしまして私は当然鬼でした〔笑)

鬼は外、福は内。 どこのおうちも福は内に来るようになりたいですね。

 

さて、今日は壁からの雨漏りについてお話いたします。
雨漏りの中で一番多いランキングはご存知でしょうか?

それは実は壁からの雨漏りなんです。

多くの場合、屋根からでしょ?と思われる方は多いのですが、意外と壁から、、。
と言うことが多いのです。


特に、モルタル壁、ALC壁、と言うのは築年数が経過すると亀裂が入ってしまい、
そこから雨漏りしてしまうと言うことは多いのです。

また、場所で言うと窓周りや、庇部分からの雨漏りと言うのも非常に多いですね。
そのような時大切なことは壁を修理する前に、「的確な診断をしてもらう」


と言うことが大事になってきます。


診断をせずに目視で確認し工事を行ってしまうと雨漏りが止まらない。

ということになってしまいがちです。


施工方法も様々ありますが、雨漏りを的確に止めるには、

「的確な雨漏り診断」+「的確な工事」この二つが大事になってきます。

雨漏りは簡易に終わらせる事も出来ますし、大きな工事を行う必要がある場合もあります。

当社の施工事例を載せておきますのでご参考にしていただけましたら幸いです

明日からは雪が降るようですので、お体には十分ご自愛ください。

記事一覧|奈良 大阪 神戸の 4代目 雨漏り診断士 日記