奈良・大阪 屋根リフォーム 雨漏り 森建築板金工業

奈良 大阪 神戸の 4代目 雨漏り診断士 日記

外壁塗装で気をつける事

こんにちは森です。

 

最近は特に多くなっているのが外壁塗装のご相談です。

といいますのは当社に寄せられるご相談の「雨漏り」に関しましては基本的に「壁」からの

 

雨漏りというのが多く、特にモルタル塗りのおうちには壁からの水の浸入は多いのです。

 

 

 

でも、ここで気をつけなければいけないことがあります、、。

それは、「外壁塗装をしたからといって雨漏りが止まる」ということはありません。

 

よく、雨漏りしたから塗装をすれば大丈夫!! と思われる方、もしくは、業者さんがそう言ったから、、。

という方は多いと思いますが、

私からいいます。  「それはちょっと待ってください。」

 

近頃、外壁塗装を半年前に行った、、。けど雨漏りしてくる、、。

 

ということが大変多くなっています。

基本的には、壁の亀裂から入ってくることも多いのですが、最も多いのが、新築当初からある

 

「お家の急所」 の部分をしっかり対策できているかどうか?

ということが一番大切になってきます。

 

そこで、一番気を使わないといけないのが「事前診断」になってきます。

事前診断でそのお家の「急所」を探し出しプラスアルファの工事を行い、それから塗装を行わないと

 

後で、「雨漏りしてしまった、、、。」

 

ということになってしまいます。

 

 

これから外壁塗装をお考えの方はその辺を注意して良い業者さんを選んでください。

 

 

記事一覧|奈良 大阪 神戸の 4代目 雨漏り診断士 日記