奈良・大阪・兵庫・京都 屋根リフォーム 雨漏り 森建築板金工業

奈良 大阪 神戸の 4代目 雨漏り診断士 日記

大阪の雨漏り診断記

大阪の雨漏り診断記

こんにちは。森です。
今日は以前、大阪の雨漏り診断を行わせていただきました事例についてお話します。

築年数が14年で新築当初から、雨漏りがあり、おうちを建ててくれた業者さんに何度か
応急処置の工事をしてくださってはいたのですが、結局は雨漏りが止まらず、、、、、。


そこで当社にご相談があり、お伺いさせていただきました、

まず最初に、全体的な診断を行い、雨漏りしている部分に水をかけ調査を行いました。

そうすると、直ぐに雨漏りが発生。

水掛けテストを行ったのは2箇所ですが、おそらくどの窓も同じ様な状態になっている。
と判断し、

全ての壁をめくり、修理する。ということをご決断されました。

そして実際に足場を立て工事に入ってみると、

「断熱材の欠落」「ひさし部分の施工不手際」「窓周りの防水テープの欠落」、、。

などいろんな不手際が発覚してきました。


大阪で雨漏りが発生する原因はそれぞれ色んなパターンはありますが、
 
見えない部分だからこそ的確に工事を行い、末永く住まえるお家を作り上げていかなければ
いけない。ということを再認識しました。

1家族でも、「雨の日が憂鬱」になる方々をなくしていけるように、私たちは責任と安心を
ご提供したいかなくてはならないと思います。

大阪の雨漏り診断事例はこちらです。

 

 

 

 

 

 

 

 

http://www.moribankin.com/case/co_kanko_voice/article/DTx20121004121629-.html

記事一覧|奈良 大阪 神戸の 4代目 雨漏り診断士 日記