奈良・大阪 屋根リフォーム 雨漏り 森建築板金工業

森板金の事務ティーズ日記

感じること

先日、中学時代の友達とのランチ会がありました。
中学時代って12歳~15歳でしょ。
かれこれ20数年来の付き合いになりますね~(*^_^*)
いつも、近況を話し合ったり、家族の話しをしたり、意味のある話しなんてないに等しいですが、なぜこんなにもしゃべれるのか不思議です。
で、いつも思うんです。
7人集まってるので、賑やかすぎるんでしょうね~。
周りのお客さんが引いているような・・・。
すみません、、、。申し訳ないです。
いつも、申し訳ない気持ちになりますが、久しぶりなんですもん、、、。
今回は、南船場の洋食屋さんでした。
コックさんの長い帽子、お店の雰囲気とっても良かったですよ!
お料理は、普通でしたかね。
私、早めに着いたので席で待っていたのですが、包丁で何かを刻んでいる音がとってもここち良かったです。
で、今回はお話ししている中で、とってもためになった話が2つありました。
一つは、自分で事業をしている人がいてるのですが、今度はこんな事をしたいと話してくれました。
その人も子育てしながらなのに、これからの時代に何が必要とされているのか、最初から全て考えて自分でやって行こうとしているのがすごいなぁっと考えさせられました。
もう一人は、学生の時に自分がどうやって勉強をしていたのかを話してくれました。
彼女はかなり賢かったのですが、小学校の時は勉強についていけてなかったと、、、。
で、中学校に入って塾に通い出したんだそうです。
すると、勉強のやり方が分かったと!勉強のやり方が分かると、勉強をするのが楽しくなったんだそうです。
興味のある分野は楽しかったかも知れないですが、勉強のやり方なんて考えたことなかったなぁと考えさせられました。
彼女いわく、授業を聞くポイント、教科書を学習するポイントがあるんだそうです。
先生が何を言いたいのか。何が重要なのか。それが分かれば学習するポイントも見ててくるんだそうです。
確かに、それは社会に出ても必要ですよね!相手が何を言いたいのかを読み解く。今何が重要なのかを考える。
学生の時には分からなかったなぁ~。
先生まず、勉強のやり方を教えてほしかったなぁとつくづく思いまいましたが、過去を振り返ってもしょうがない。
自分の子供には、勉強しなさい!と言うのではなく、勉強のやり方を教えてあげようと思いました。
有限会社 森建築板金工業 巽 陽子

記事一覧|森板金の事務ティーズ日記