奈良・大阪・兵庫・京都 屋根リフォーム 雨漏り 森建築板金工業

4代目から頑固親父と名付けられた雨漏り診断士日記

棟積替え工事

おはようございます。
梅雨入りが発表されましたね!!
今日は棟積替えの話をします(*^_^*)

最近、多い工事が棟積替え工事です。
なぜこの工事が多いかと言いますと、築20~30年の家は瓦屋根が
主流でした。
瓦の寿命は約30年~40年です。
そして棟瓦は瓦屋根の中で1番大事な部分になります。
棟瓦がダメになるとすべてがダメになります。
なので本来、30年~40年ある寿命が場合によっては
10年~15年くらい縮まってしまいます。

棟を積み替えるだけで、長持ちする瓦屋根も放っておくと
屋根葺き替え工事にまで発展してしまいます。
早め早めの対策が大事ですね!(^^)!棟積替え工事はこちら!!

記事一覧|4代目から頑固親父と名付けられた雨漏り診断士日記