奈良・大阪 屋根リフォーム 雨漏り 森建築板金工業

さんぽみち

森のさんぽみち May2014

皆さんこんにちは森です。
桜の季節もあっという間に過ぎGWですね!でも今年は、寒かったり暑かったり中々安定しない気候です。
このような時期は風邪などを引きやすくなるかと思いますのでお体は十分ご自愛ください。

さて5月になると多くなって来るのが夏の暑さに向けての事前対策です。
特に日本の住宅は夏暑く、冬寒い、、。というお悩みが多いと聞きます。

実際当社でも夏の暑さに対してのご相談は多くあります。
そんな時私はまず屋根を通気、断熱、遮熱、この三つを考える事が問題解決の道筋だと言っています。  

通気に関しましては、屋根で温まった空気を屋根下の通気口で外に逃がし、断熱材を使って熱の伝導を妨げ、 紫外線、赤外線を熱反射させる。

まずは、この工法をお考えになられることによって部屋の温度は2から4℃くらいは変わってきます。

そして次に部屋内で断熱改修をする事です。
通常断熱改修と言えば部屋の壁をめくったりするイメージがありとても手間がかかりそうに思われがちですが、最近では、断熱材と石膏ボード(部屋内下地)が一緒になったものなども開発され、一部屋だと十分一日で改修工事が終わる。というものが出てきています。

その名も「あったかべ」です。詳しくは「あったかべ」と検索して頂くとどういうものか出てきます。このあった壁の特徴は、工期が短い、コストが安い。という特徴がありとても人気が出てきています。

夏本番に向け断熱改修をお考えの際はご相談ください!皆様のお力になれれば幸いです。

そうそう、先日より当社では一週間に一度「端材もったいない市」というイベントを企画してきました。
このイベントの趣旨は、木の切れ端、雨といの残り、波板の半端、板金の切れ端などを集めたもので、まだ使う用途はあるけれども商品としては使えない。
といいったものを集め、必要な人に無料で配るサービスを行っています。
是非DIYで物を作ったりするときはこの「端材もったいない市」をご利用ください。
また、事前連絡をいただけますとどのようなものがあるのか?
ご確認していただく事も出来ます。

どうぞご活用ください。

これから夏に向けてまだまだ奮闘させて頂きますので今月もスタッフ一同どうぞよろしくお願いいたします。

記事一覧|さんぽみち