奈良・大阪・兵庫・京都 屋根リフォーム 雨漏り 森建築板金工業

奈良 大阪 神戸の 4代目 雨漏り診断士 日記

雨漏りの修理を何度行っても直らない、、、。

 

こんにちは。森です。
今日は二年前に工事を行わせていただきました、「雨漏りの工事を何度行っても直らない、、、。」

というお悩みをお抱えのお客様へ向けて書かせていただきます。

 

私たちの会社に寄せられることが多いこのお悩み、、、。
これは本当に多いのです。

 

なぜこのようなお悩みが多いのかというと、ズバリ!!   

水の逃げ道を読むことが出来ていないのに「たぶんここが原因だ」

 

ということで、業者さんが工事を行ってしまうからなのです。

 

 

もっというと、例えば、原因がわかっていないにも関わらず、屋根を葺き替えたから、壁を塗り替えたから、、。


といって必ず雨漏りが止まるとは言い切れません。


なぜなら、原因が別の場所である。ということは少なくないからなのです。

基本的に雨漏りを確実に解消しよう。となると

 

① 的確な原因を突き止める。
② ポイントに絞り込んだの工事を施す。

 

この二つが重要になってきます。これはどちらが欠けてもいけないのです。


まずは①の 的確な原因を突き止める。

につきましては、近頃はいろんな道具などもあるのですが、最終的にはプロの目で判断し、どのような施工をすれば
雨漏りが止まるか?

 

ということまで判断できなければ工事を行う職人さんも施し方に困ってしまいます。
ですので、①的確な原因を突き止めるでは、 診断士の 経験能力と知識、プラス道具での説明を受け

 

原因はこれです! ということを確実に伝えてくれる診断をしてもらってください。

そして②のポイントに絞り込んだの工事を施す。


につきましては、基本的に必ず全てやり変えないといけないか?というとそうではないケースも良くあります。
雨漏りしている部分「だけ」施工を施してもらい雨漏りを止めることでって十分可能なお家は沢山あります。


築年数の経過によってどうしても全て工事をしたほうが良い。というケースもありますが、
基本的には部分修理ということは可能だと思います。

 

雨漏り修理では、この2つのことを重点的に考えていただき、業者さんに見てもらう。ということをお勧めいたします

 

複雑な屋根になればなるほど工事は難を極めますが、原因がはっきりしていれば雨漏りは確実に止まります。
雨漏りの原因、施工事例を見ていただきご参考になればと思います。


この事例は2年前に施工させていただきました物件です。

 

 

記事一覧|奈良 大阪 神戸の 4代目 雨漏り診断士 日記