奈良・大阪 屋根リフォーム 雨漏り 森建築板金工業

奈良 大阪 神戸の 4代目 雨漏り診断士 日記

雨漏り修理で重要な機械

 雨漏り修理で重要な機械

昨日は9年ぶりに名古屋から折り曲げ機械メーカーの社長さんが当社にメンテナンスに来てくれました。
折り曲げ機というのは雨漏り修理を行うのに重要な「水切り」を折り曲げる
機械でありまして、
         折り曲げ機                    水切り
 

それぞれのおウチに合わせた「水を逃がす道」を作るために必要なものです。

あれから9年、、、。私は当時26歳でした。

あの時は「将来を見越して一番良いものを作って下さい!」
とお願いして作ってもらったものがこの機械です。

おうちの外回りのリフォームをするには既製品では対応し切ることができません。雨漏りというのは人間で言うと「病気や怪我」にあたります。
その病気やケガを治すのに市販の薬では治りません。
お医者さんの適切な判断と適切な薬があって初めて治ります。
これは、お家も全く同じ。
市販されているものではなく、適切に症状を診断してから、そのおうちに合わせた「水切り」を加工し取り付けなければ「雨漏り」というのは治りません。
その重要な役目を持っているのがこの折り曲げ機となります。

イリノさんによると、この機械はまだまだ新品同様使えます!
ということをお聞きしホッとしました。

ものづくりというのは奥が深く難しいところももちろんありますが、
協力してくださるメーカーさんもいて初めて良いものをお客様にご提供することができると考えています。

これからも小まめなメンテナンスを繰り返しながら大切に使って行きたいと思います。
 

記事一覧|奈良 大阪 神戸の 4代目 雨漏り診断士 日記