奈良・大阪の雨漏り修理・屋根工事なら森建築板金工業へ

樋について

戸樋とは?

雨といについてお困りの方・お知りになりたい方

Q.雨どいとは?

樋って?

 雨樋(あまとい・とゆ)は、屋根からの雨水を受けて集め、スムーズに地上に排水させる大 切な役目があります。
 昔の雨樋は鉄板で、当社のような
 建築板金屋が叩いたり曲げたりして加工し、取り付けていました。
 近年は既製のプラスチック製品も増えていますが、
 和風のお家に銅版の雨樋を加工して取り付けることもあります。
 その際は重厚感漂う仕上がりにしするなど、建物のデザインにも一役かっています。

 


Q.雨樋に穴が開いたり、外れたりすると・・・?

樋が壊れると

雨樋(あまとい・とゆ)は、特にジョイント部分が劣化しやすいです。
また寄棟の場合、軒樋の角は割れ目ができやすいです。
酸性雨の影響などで、銅版の雨樋に穴が開くこともあります。
このような状況では普段とは異なる場所に雨がかかり、雨漏りの原因となり ます。

雨漏りは、カビの発生や住宅の劣化などに繋がります。

雨樋の異常を見つけたら、すぐに建築板金屋にご相談ください。

 

コーキングで穴の開いた場所を補修する場合もありますが、1~2年しかもたないので雨樋の部分交換がお勧めです。
建築板金屋なら素材によってはその場で加工し、すぐに直すこともできます。


Q.雨樋の掃除はやってくれるの?

樋そうじ

 雨樋(あまとい・とゆ)の中に生えた草、落ち葉やゴミなどが樋を詰まらせることもあります。
 雨樋が詰まると水がせき止められて逆流し、
 バシャバシャと かなり大きな雨音がするので、ご近所にも迷惑がかかります。

 また、詰まりを掃除せずに放置すると重みで雨樋が垂れ下がり、
 樋全体を交換するはめになることもあります。

 


 気付いたら雨漏りしていた…とならない為にも、
 定期的に雨樋の掃除・点検をしましょう。
 高所での作業は危険を伴うので、建築板金屋にご相談ください。 

 「森建築板金工業」では、枯葉ネットの取付けも行っています。

 


Q.排水口が詰まって大変!

排水口が詰まると雨漏りの原因に?!

ベランダに入り込んだ雨水は排水口(ドレン)を通り抜け、雨樋(あまとい・とゆ) に流れていきます。よく当社に「ドレンが詰まってベランダが大洪水になった」「雨漏りしてきた」などの相談をいただきます。普段ドレンを気にかけない方も多いですが、意外とゴミなどが詰まっています。

 雨漏りに繋がってしまうので、一年に一度は掃除をしましょう。

 


Q.DIY!雨樋修理を自分でするコツは?

樋は自分で修理できる?!

器用な方はDIYにチャレンジされることもあるでしょう。
補修箇所が手の届く場所だった場合、雨樋(あまとい・とゆ)の素材によっては可能  です。
「森建築板金工業」には、長さが足りないため現場で使えなくても商品価値のある端  材がたくさん眠っています。
ぜひ当社にお越しください。雨樋をお譲りし、交換のコツをアドバイスします。
※担当者がいない場合もありますので、事前にご連絡ください。

 


Q.雨水タンク 気になるけれど、設置が難しそう

雨水タンク

 震災が起きてから、水の確保という点で雨水タンクを設置するお家も増えました。
 雨水タンクは、現段階ではネット通販で購入した方が安価です。
 奈良県では、一部の地域で雨水タンク設置助成金(補助金)制度が実施されています。 受付期間や人数などが設定されている地域があるので、詳しくは最寄りの役所・役場で ご確認ください。

 

雨水タンクの取付けが難しい場合は「森建築板金工業」にご相談ください


Q.雨樋の修理や掃除はいくらかかるの?

樋って?

  • 雨樋の掃除15,000円。
  • 簡単な修理20,000~35,000円程度。
  • 枯葉よけネット取付け3,000~3,300円。長さによって変動いたします。
  • 雨水タンクの設置5,000円程度。

※価格や保証内容は修繕箇所の素材や状況などにより異なります。
あくまでも目安ですのでご了承ください

 

 

Q.雨樋修理をご希望の方

雨樋修理ご希望の方

雨漏り修理専門業者の「森建築板金工業」におまかせください!

◆雨樋の修理は「森建築板金工業」にお電話やメールでご連絡ください。
壊れた状況、雨樋の色と種類、メーカー名(雨樋に一定間隔でメーカー名が記入)を詳しくお伺いします。
メールの場合は写真を送信していただければスムーズです。在庫があれば、すぐに対応させていただきます。

※万が一工事終了後に雨漏りが発生した場合、追加料金を一切頂くことなく再度診断・再工事させていただきます。それでも雨漏りが止まらなかった場合は全額返金いたします。

※アフターフォローは万全の態勢でさせて頂きます。お電話一本で出来るだけ早くお伺いし対応いたします。

記事一覧|樋について