奈良・大阪 屋根リフォーム 雨漏り 森建築板金工業

奈良 大阪 神戸の 4代目 雨漏り診断士 日記

釉薬瓦の寿命

  

 

こんにちは。森です。
 
暑い日が続きますね! 皆様体調には十分お気をつけくださいね。
さて、今日は釉薬瓦についてのお話です。
釉薬瓦は特に2,30年前の建物によく使用されてきたものでありまして、
陶器の瓦であります。
 
寿命としましては上野写真のように、オレンジ色の部分が見えてくる頃、
30年目以降が多くあります。
 
特に全体的にオレンジ色が見えてきた!
ということになると葺き替えが必要になる。ということになります。
 
ただおうちに住まわれる年数が5年くらい。ということになる場合は葺き替えではなく、
修繕ということでも対応できる場合もあります。
 
どうしても葺き替えを!ということではなく、おうちにすまれるご都合に合わせて、
プランを作成することも可能です。
 
釉薬瓦のお見積もりの時はわたしたちにお任せ下さいね!
 

記事一覧|奈良 大阪 神戸の 4代目 雨漏り診断士 日記